花育て

育ててる花などの記録。

ビオラとサツキ

ビオラは6月に入り暑い日などはだら~んとしてしまうときも出てきました。

 

咲き始めの頃とは色合いなど変わった気がします。

間引いてさよならは可哀そうなので、少々きつくても多めに植えてあった鉢なので大混雑。

 

実生の中で唯一小型の花だったこの株だけ一鉢に一株なので、悠々としてます。

 

さつきもすでにピークは過ぎているものも出てきていて、写真は何日か前までに撮ってあったものです。

 

このあたりも実際はもう写真よりピークは過ぎています。

 

この花と似た白い花を咲かすものがいくつかありますが、本当に同じなのか、それとも違うものなのかよくわかりません。

ビオラのように?サツキ類もまた交配が進んでいる花なので同じようで微妙に違う感じとかあったり変化が多いです。園芸品種名があるものもあれば、ないものもあるでしょうし、挿し木しても同じ花でなく変化が出たりするらしいです。

 

 

 

これらも似ていますが、色合いや樹姿が違ったりします。

 

これは一枚上のと同じかなぁ。

 

この花は写真のものは一重ですが、ときどき二重のものが咲いたりします。

 

これは花が微妙に小さい感じのもの。

 

このへんは見た目に特徴的ですが、同じ株内で色合いはバラバラです。写真には写っていませんが、真横に分割して色がわかれる花もあります。

 

この2つも似ていますが、花冠の縁の波打ち具合が違う気がします。

 

これは覆輪になっている花ですが、あまり花が咲きません。場所が良くないと思います。

 

花でこの花は花冠が6裂なことがけっこう多く、質がちょっと厚ぼったいですが色合いがやわらかな花。

 

 

広告を非表示にする