花育て

育ててる花などの記録。

斑入りのコミノネズミモチ(シルバープリベット)の花とイボタノキの花。

コミノネズミモチ(斑入り)の花1

シルバープリベットなどと呼ばれ、和名はコミノネズミモチ。ヨウシュイボタ(セイヨウイボタ)とされていることもありますが、それはまた別物になります。

この時期の葉(当年枝の葉)は、まだ斑入りになっていませんが、のちに斑入りになります。

 

コミノネズミモチ(斑入り)の花2

円錐花序に白い小さな花を咲かせますが、おしべは2本で葯は紅紫色。花冠から飛び出しています。

 

コミノネズミモチ(斑入り) 横アングル

花冠の筒部は短い。

 

ライラックの台木だったイボタノキの花

一緒に植わっているライラックの台木だったイボタノキの花。

野草の方(イボタノキ Ligustrum obtusifolium - Familiar Flowers 2)でも書きましたが、日当たり不足による間延びなのか、自生するイボタノキと葉の長さや形状、花序の長さなど少々違う感じがあります。

 

広告を非表示にする