花育て

育ててる花などの記録。

ドイツスズラン、斑入りアマドコロの開花ほか。

ドイツスズランが日の当たる場所で開花が始まっていました。

 

雄しべの花糸の基部に紅紫色の斑点があります。

 

やや日陰の方の花は、まだこれから。

 

斑入りアマドコロも開花が始まりました。鬱蒼としてますが、斑入りの葉は少し緩和してくれる感じ。

 

筒状に合着した花被の先端に毛が生えています。

 

ツタバウンランは写真の場所は花が少ないですが、すでにあちこちでびっしり咲いてます。

 

セッコクの蕾がけっこう出てきていました。

以前は水苔で鉢植えにしてましたが、植木に着生させたところずいぶん調子が良さそうです。

 

綺麗に撮れないセイヨウシャクナゲですが、これはいい感じに撮れたかも。

 

ネコヤナギの果実はやはり近辺に雄花がないので、熟さないようです。綿毛に包まれた種子が見たかったのですが。

 

ほとんどはすでに落ちてしまいました。

観察したくて粘ってましたが、葉は茂って枝もかなり伸びて大木になってしまったので、そろそろ剪定しないとと思います。

 

この間の萼片が切れこんだアネモネ シルベストリスともども皆元気に咲いてます。

 

広告を非表示にする