花育て

育ててる花などの記録。

アケビとゴヨウアケビのその後の花。

アケビはその後、花は次々咲いてもうすでに終わった花もあります。

 

雄花の葯が開いているところ。

 

大きな雌花。

 

そして今年はじめて蕾を持ったゴヨウアケビも開花しました。成熟具合の問題かと思いますが、とりあえず咲いたのは雌花がない雄花だけの花序。

でも、なんか花色も萼片の開き方もアケビっぽいような。

 

ゴヨウアケビアケビとミツバアケビの交雑種ともいわれ、葉はアケビと同じ5枚ですが(なので五葉(ごよう))、葉の縁にはミツバアケビのように鋸歯があり、花はミツバアケビに近い濃い色の花が咲くというのが一般的かと思います。

うちのはこの写真を見ると葉に鋸歯がないじゃないかって感じですが、若い葉は少しだけゆるい鋸歯が1,2個あるかないかって感じでほとんど鋸歯がないような感じです。

 

(2016年6月下旬)ある程度成長するとこうなります。それでもかなり緩い鋸歯ですが。

ゴヨウアケビの葉のタイプは、葉(小葉)の形がミツバアケビに近いものから、アケビに近いものまで色々あるようですが、なんだかアケビでもミツバアケビでもないものは全部ゴヨウアケビという感じで、なんとも曖昧で雑な気がします。

でも例えば、あるタイプを「ゴヨウアケビ」としたとしても、それとアケビ(またはミツバアケビ)の間に再び交雑種ができたら、またその中間タイプができる可能性があるわけで、結局それを繰り返していくとそういう感じになってしまうものなのかも。

とりあえず、うちのこのゴヨウアケビは葉も花もアケビに近いし、ほぼアケビ寄りのゴヨウアケビってことになるのかな~と思うことに。

そもそもが、うちのアケビの方も花色が少々濃い感じがもしかしたら純粋なアケビではなく、ほんの僅か交雑してるのかもしれないな~とも思ったり・・・そこを考えだしたらキリがないですが(笑)

 

 

広告を非表示にする