読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花育て

こちらでは育ててる花などの記録。

ヒボケ 両性花と雄花、それと訂正です。

雄性両全性同株というのかなと思いますが、同じ木に両性花と雄花を咲かせます。そこを撮ったことがなかったのであらためて撮ってみました。(この写真は両性花)

 

両性花は多数の雄しべの中央あたりに雌しべが長く飛び出して見える。

 

雄花は雄しべの黄色の葯だけが見えます。

 

上の花が両性花、その下で花弁が一部散ってしまっているのが雄花。

子房部位の太さが違うようです。

 

そして訂正ですが、この花の名前を前2記事で「クサボケ」としていましたが、「ヒボケ(緋木瓜)」とすることにしました。

 

何年も前の様子なんですが、株元でも花が咲いていますが、いくつか伸びた幹がクサボケにしては樹高が1m以上はあるように見え高すぎる気がします。

最近は半分程度の樹高しかないので疑問に思わなかったのですが、これを見たらどうも違う気が。

ボケの仲間はかなりややこしくて調べても混乱しますが、頭を整理すると・・・

マボケは花色が白~桃色系なので違う。

ボケ(別名カラボケ)はよく他所で見かける枝が込み合い株立ちになったものと思うのですが、園芸品種も多いだろうし花色も様々ありそうな気がしますが、樹姿が違います、またボケはやや葉先が尖る傾向がありますが、うちのは丸い葉先をしています。

そんなわけで、それぞれ園芸品種が多数あるかと思うので難しいですが、花色や樹姿、葉の様子などトータルするとヒボケが一番合っていると思えます。

ヒボケはボケとクサボケから作られたという情報もあり、そういう意味でも地面に這ったり地下茎で少しずつ離れた位置からちょくちょく出てきたりクサボケに近い部分があるのも頷けるし、一方でクサボケより高くなるというボケ寄りの面もあるのかもと。

そもそも庭植えしてあったものだしクサボケよりヒボケが植えられていた、という方が自然な気がしますし。

ということで過去2記事もヒボケに訂正しておこうと思います。

 

広告を非表示にする