読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花育て

育ててる花などの記録。

ヒヤシンソイデス ヒスパニカ(球根つりがね草)の発芽。

発芽1

昨年の6月、ふと思いつきで種を採取(3粒だけでしたが)、特に蒔き方もわからずとりあえず鉢に蒔いて置いたのですが、その後まったく変化がなかったのですっかり忘れてしまいその鉢にカランコエを挿し木していました・・・ふと見ると発芽していました(ビックリ)

 

発芽2

もう一つこちらも。発芽した初年度に咲くとは思えないですが、なんにせよこれからの成長が楽しみです。

 

果実

これが昨年の6月。採取を思い立つのが遅かったのでその頃ギリギリ残ってたのがこれだけだったと思います。今思ったのですが、花は下向きなのに果実は上向きなのか。

 

花の写真。

名前が「球根つりがね草」などで流通しているのですが、これまでの花は皆カタカナで書いてきたのでなんか統一感ない気がして学名からの名前でヒヤシンソイデス ヒスパニカにしました。長い名前ですが(笑)

呼び名としては他に、以前はシラー属だったのでシラー カンパニュラータなどと呼ばれたりもします。またイングリッシュ ブルーベルとされることもありますが、それはまた別の花のことを指す名前で、こちらはスパニッシュ ブルーベルです。

その他ではツリガネズイセンと呼ばれていることもあるようです。他にもあるかもしれません、やたらと呼び名が多いです(笑)

 

家では白い花のタイプも一緒に植えてますが、種を採ったのはたぶん青紫の方の種だろうと思います。

 

広告を非表示にする