花育て

育ててる花などの記録。

実生の矮性キキョウのその後。

数日前の写真ですが、次々とよく咲いています。 前回書いたようにこちらの鉢のものは生育がいまひとつなのですが、それはともかく花は咲いています。 露地植えしたものも咲いています。 結果、プラ鉢のものが一番よく咲いてますが、露地植えは場所をもう少し…

カサブランカと実生のユリ 開花。

ずっと庭植えできたカサブランカがだいぶ勢いがなくなってきたので鉢にしてみたのですが、綺麗に咲いてくれました。 昨年は葉がもっと下の方から早めに落ちてきてしまっていたのですが、今年は緑色も濃くて平気そうです。 初夏の頃など伸び始めの段階では葉…

ハボタン、早くも発芽。

そんなわけで蒔いてみたハボタンの種子ですが、3、4日で早くも発芽してました。 紫色を帯びたものと緑色がありますが、なんの違いかな? こちらは先ほどの椿と違って成長具合も早いので、これからの変化が楽しみです。

ツバキの発芽

何月だったか、ツバキなので春の頃だったか、赤いツバキの種を拾ってきて鉢に埋めておいてみたものです。(そういうのを記録しておくべきなのに記録してない(苦笑)) 先に向かって左のものが発芽し、最近になって右のものが発芽しました。 まだ緑色でなく…

ハボタン 種子ができる。

4年目くらいにしてだいぶピンチだったハボタンですが、まだなんとかもってます。 あまり見た目によくないですが、昨年秋?くらいからこうした大きな葉の束がなくなっていたので、復調の兆し? 前回載せたときは花が咲いていましたが、最近果実が熟しました…

ヘメロカリスも・・・。

ヘメロカリスの赤系も咲き始めたのですが、今年は10年くらいで一番状態が悪いです。 またもや・・・といった感じですが今年はあれもこれも赤斑病らしきが出てます。 なにか風にのって大量にやってきたんだろうかって思うくらい・・・もう一体どうなってん…

ハナショウブ 種子から発芽。

前回のハナショウブの記事で、種子を採取して蒔いたような蒔かなかったような・・・といい加減なことを書いてましたが、蒔いてたようです(笑) 隅の方に置いていたミズゴケの鉢から3つ発芽していました。正確にはもうけっこう育ってますが。 株元にチラッ…

鉢植えシロダモとアオスジアゲハ

まだ若いせいか春には芽は動きませんでしたが、6月後半くらいから新芽の葉が展開してきています。 アオスジアゲハがこちらがカメラを構えていても気にせず何度も何度もやってきていました。 「花と勘違いしてるのかな?」なんて思って見てましたが、シロダモ…

実生の矮性キキョウの開花。

2シーズン目の1輪目の花。青紫が滲むものもあったりですが、真っ白の花が咲きました。 1年目より丈も少し高くなり花数も多そう。 ところで春に植え替えをしましたが、そのときに根がけっこうしっかりしたものを素焼き鉢3つに移し、残りは露地植えと多少…

最近の開花。 グラジオラスやオリヅルランなど。

庭植え(っぱなし)と鉢植えがありますが、これは鉢植えのグラジオラス。 花が横に測って12cm・・・こんな大きな花これまで咲いてなかったと思うのですが、小さな鉢なのにずいぶん立派な花が咲きました。 小さな鉢になったわけは、単なる偶然で。 昨年の…

ミニシクラメン 今シーズンは失敗。

そろそろ葉が枯れ始めました~って花は!・・・昨年秋?冬?に咲き始めたものの、その後は咲かずじまいでした。球根は傷んでないので来シーズン(4シーズン目?)に期待しようと思います。 って期待しようもなにも、今回咲かなかった原因を把握してないと対…

ヘメロカリス エドシボリ カワラナデシコの開花。

ヘメロカリスのピンクベージュといった感じの色の花が咲きました。赤系もありますが、こちらの方が早く咲き始めて、花が大きいです。 立派な花ですが一日花です。蕾がたくさん見えるように、代わる代わる咲いていきます。 ヤマハギの園芸品種とされる「江戸…

ハナショウブ 開花

ハナショウブが咲きました。 基部に黄色の斑紋(密標)がある大きな花弁状のものが外花被で、外花被片の間に立ち上がっている濃い紫色のものが内花被片になるのですが、外花被と同じ配置にある花弁状のものは分岐した雌しべ。花柱枝や芯と呼ばれたりするよう…

アマリリス 発芽の小さな葉。

小さな葉が出てきました。 同じように、膨らんできた部分を挟んで反対側に緑色の小さな葉が出来ているのがみえます。 これらは昨日の様子なのですが、今日見るとさらに土の粒が自然に白い毛(初期の根的なもの?)に被さってきていました。 どうやってそうな…

最近の花色々。

アジサイの'万華鏡'という園芸品種。 まだ花序の花数がやたら多すぎるのか、重みで垂れ過ぎることも。 こちらは園芸品種名は不明。 よくあるアジサイのような感じですが、萼片の先が丸みがあります。 昔はもっと白っぽい花だった気がしますが、最近はどんど…

赤斑病の覆輪アマリリスからの種子 発根?しました。

(6月7日)蒔いたときの様子。 手ごろな鉢がなかったので発泡スチロールに蒔きました。 たくさん種子はできますが、中身が入ってないようなものも多いので、なるべく中心に厚みがあるものを蒔いています。(それでも入れ物が大きいのでけっこう蒔いてます…

ヤマアジサイ系の紫陽花の開花。

ヤマアジサイ系とは思いますが、それ以上のこと(園芸品種名)は例によってわかりませんが、雰囲気があって好きです。 まだ萼片が開き始めの装飾花。黄色味がかっている。 白くなった装飾花の萼片。 薄っすら紅色を帯びてきた装飾花の萼片。 中心に集まって…

フリージアにむかご?

そろそろ球根を掘りあげようかと思ってみたら、むかごのように茎につくものが。 これまで一度もそんなことなかったのでちょっとびっくり。 とりあえず掘りあげました。 左上で土がついていないものが茎についていたむかごのようなもの。 昨年はじめて花が咲…

今咲いてる小さな花たち。ウメモドキ イヌツゲ ツルコケモモ タイム

ウメモドキの花が咲いています。 花色はけっこう変化があるようなですが、うちのは白に薄紅色という感じの花。 花弁は4枚のもあれば5枚のもあります。 雌雄異株でうちのは2本植わっていて両方とも雌花(雌株)なのですが、一昨年までは果実がなっていまし…

バラやイチゴやゲラニウム

いろいろ咲いてきてるのに、頭が回らずまたバラの写真。 (ってほんとに頭が回っていなかった(今も?)ようで、この記事は5月末に書いてあげたつもりでいた記事です(苦笑)) イチゴもあちこちでなっています。イチゴがなっていると香りがよくていいです…

ビオラとサツキ

ビオラは6月に入り暑い日などはだら~んとしてしまうときも出てきました。 咲き始めの頃とは色合いなど変わった気がします。 間引いてさよならは可哀そうなので、少々きつくても多めに植えてあった鉢なので大混雑。 実生の中で唯一小型の花だったこの株だけ…

結実、裂開まで耐えた赤斑病のアマリリス。

果実が裂開し種子が出てきました。 最終的には果実の表面まで赤斑病が出てましたが、熟すまで持ちこたえてくれました。 葉も何枚かは赤斑病で軟化して折れてます。 花茎もかなり痛々しいながら、寄りかかりつつなんとか持ち堪えました。 以前の実生の経験か…

挿し木のミニバラも花が咲きました。

早春に剪定したときに出た枝を水に挿して発根させたものですが、花をつけました。 蕾がもう一つあります。

斑入りのコミノネズミモチ(シルバープリベット)の花とイボタノキの花。

シルバープリベットなどと呼ばれ、和名はコミノネズミモチ。ヨウシュイボタ(セイヨウイボタ)とされていることもありますが、それはまた別物になります。 この時期の葉(当年枝の葉)は、まだ斑入りになっていませんが、のちに斑入りになります。 円錐花序…

ニゲラ、スイセンノウ、リシマキアの花。

ニゲラがよく咲いています。1年草らしいですが、ひとりでに毎年よく咲きます。 総苞片が糸状に細く裂け、特徴的。 スイセンノウも開花が始まりました。色の鮮やかさがすごい花。 リシマキア ヌンムラリア 'オーレア'というものだと思います。 葉の色が黄色…

ユリオプスデージー 開花。

数日前から咲き始めました。 相変わらず植え替え不能の鉢のままですが。 もう何年も平気なので大丈夫なのかなぁ。 念のために挿し木してつくった分身の方はまだ咲いていません。

最近のサツキをいくつか。

この2枚は同じ木の花。形がふっくらしていい感じの花。 せっかく日が出ているのに日陰ポジションで撮ってしまいました(苦笑) さっきの花とちょっと似ていますが、裂片の感じがこちらの方が丸みがあるようです。 あまり上に伸びず這い性のような感じがあり…

オキザリス テトラフィラ(ラッキークローバー)やっと葉が出る。

なんとも写真うつりがいいというと言い方に語弊ありますが、デジカメが認識しやすい色なのかなんなのか綺麗な発色。 ヒガンバナ科かなんかのように花茎だけが出てましたが、 やっと葉が出てきました。よかった四葉です(当たり前ですが(笑)) もう最近は特…

バラ(アイスバーグ)の開花と、ミニバラとノイバラその後。

植え替え後も順調に育ち、今年も無事咲きました。 バラは生花から挿し木で育てたことがあるけど、露地植えしたらぐんぐん育ちよく花も咲かせて「意外と簡単なんだな~」と思いはじめた3,4年目で突然、枯れてしまったことがあり、苦手意識がありますが、ア…

赤のクジャクサボテンも開花。

咲きそうになってから2日くらい経ってやっと開花しました。 なんだかいつもより花が大きい気がします。 奥に写っていますが、白のクジャクサボテンも2つ目が咲きました。 こちらは逆に1つめの花より小振りかも。 赤はもう一つ蕾がありもうすぐ咲きそうで…

鉢植えのノイバラの花。

これも生えてきたので育ててみた系のノイバラ。 この暑くなってきた季節にぴったりの清々しい花。 もう何年も育っているので株元は結構太いです。

セッコクが満開。

セッコク(友白髪)はほぼ全ての蕾が咲きました。 ほんと植木に着生させて以来調子良く、水を得た魚といった感じです。 でも、灰色カビ病らしきがすでにちょっとだけ見えます。数日したらもっと増えてくるかもですが、こればっかりはある程度どうしようもな…

モッコクの若い葉。

生えてきたものを育てて見るシリーズ?のモッコクです。 花はこれまで咲かせたこともないですが、この若葉の光沢が好きです。

赤斑病 オリヅルランや他の植物でも?

斑入りのオリヅルランの葉ですが、どうもアマリリスと同じように赤斑病らしきが出ています。 数日前にも同じような葉があったので除去したのですが、あらたに2枚ほど出ていました。 そういえば春に、アマリリスの芽が出なかった鉢を植え替えたのですが、一…

ほんとにヒヤシンソイデス ヒスパニカ?

カランコエを植え替えたついでに掘りあげてみました。 葉が時期的なものか、それとも実際に状態がよくないのか、最近は弱っている感じでした。 これ、ほんとうにヒヤシンソイデス ヒスパニカ(球根つりがね草)なのかな(汗) 種子を三粒蒔いた記憶はあるし…

シャクヤク、セッコク、ハマナスなど開花した花や、その後花など。

シャクヤク開花しました。なんともゴージャスな花ですが、植えっぱなしで全く手がかかりません。いろいろうまくいかない花があるときは、こういう丈夫でよく咲いてくれる花が有り難く感じます。 セッコクです。友白髪という園芸品種。 一昨年から植木に着生…

ラッキー?クローバー 葉の出ないオキザリス テトラフィラの開花。

開花し始めました。この色は何色というのが適切なのか、わかりませんがなんともいい色です。 ところで前回書いたように、今年は何故か蕾をもった花茎だけ初めに出てきて、葉が全然ありません。 葉が4葉になるということで流通名ラッキークローバーなのです…

シランやクチベニシラン、シャリバイなど最近咲いた花。

1つ目が咲き始めて少々時間が経ってるので、けっこう花数多く咲いています。 強くて手が掛からない、でも綺麗というなんともいい花です。 シロバナシランとして買ったと思いますが、唇弁の先が薄っすら紫色を帯びていて、こういうものはクチベニシランと呼…

サツキ 開花始まる。

気づけばツツジの花は終わり、5月も半ばを過ぎサツキが咲き始めました。 例によって、園芸品種名などはわかりません。 これは花径11cmくらいある大きな花。絞りの具合などは花によって違います。

やっぱりノダフジで良さそう。

前回の藤の記事のときの写真の方がまだ写りがよかったかも(笑) でもこれは2週間近く前の様子で、現在はもう花は終わり葉だけになっています。 で、その前回、ノダフジじゃないのかも?って気がして、カテゴリタグも「ノダフジ」から「フジ(藤)」に変え…

クジャクサボテン 白が開花。

写真は今朝撮りましたが、白いクジャクサボテンが昨夜開花しました。 なんともゴージャスな花ですが、花の寿命は短く1日半程度(追記:実際には2日咲きました)なんとも儚い。 それでも付けた蕾が全部咲くなどたくさん花が咲くならいいですが、なんでなの…

オキザリス テトラフィラ(ラッキークローバー)

オキザリス テトラフィラがやっと眠りから覚め、芽が出てきました。 よく見ると、すでに蕾を持っているようです。「いつもこんなだったかな?」と過去の写真を見てみると、一昨年に同じように出てきたばかりの芽の写真を撮っていましたが、蕾はないようでし…

アマリリス 結実できるかな。(赤斑病その後と実生の現在)

そんなわけで赤斑病になってしまったので、覆輪のアマリリスと薄いピンクのアマリリスを綿棒で受粉させてみたのですが、この写真は覆輪の方の若い果実。 2本花茎があったのですが、片方は赤斑病が悪化し折れてしまいました。もう片方は写真のように順調に膨…

プチダリア 開花。

今年の1つめの花が咲き始めました。ちょっと暗い赤がいい感じなんですが、あいにくの天候・・・。 写真でみると実際に見るよりなんだか徒長感があるというか伸びすぎていて、花が小さい感じに見えますが、これでも3~4節目で摘心してあります。 今日あた…

シラー ペルビアナなど咲き出した花と、ピークな花。

咲き始めたシラー ペルビアナ。 三角に結んだように3つの花がまず咲いています。 アルメリアも開花始まりましたが、暑すぎたようで少々うなだれてます。 写真のあと陰る時間が早い(長い)ところに移動しました。 イモカタバミは、厄介がる人もいるようです…

雌しべが花弁化?アネモネ シルベストリス

ふと見ると、内側に花弁らしきがありました。雄しべが花弁化したのかな?とおもったら雌しべの方のよう。 これはこれで可愛らしいっちゃ可愛らしいのですが、先日は萼片が裂けた花が咲いた鉢の方なので、なにか異変が起きてるのかやっぱりちょっと心配です。

新たに咲いた雄しべが短いクルメツツジとコデマリ。

覆輪のクルメツツジですが、雄しべがかなり短い花です。画像検索した感じでは「泉の舞」というものかなと思います。よく昔からあった植木なのでわからないと書いていますが、自分で植えたものでもそもそも園芸品種名を覚える気があまりなくて、覚えてません…

つつじが新たに3つ開花。ヒノデキリシマ、リュウキュウツツジ、ヒラドツツジ

キリシマツツジ系のヒノデキリシマ(日の出霧島)と思います。昔からある植木なのではっきりわからないところがあります。 かなり発色がよくて印象的な濃い赤紫色です。 こちらはリュウキュウツツジと思います。眩しいくらいの白色が暑い日には涼しげです。 …

咲き始めたゲンペイコギクやラナンキュラスゴールドコインほか。

ゲンペイコギクが咲き出しています。花の後半の紅色を帯びた花がまだないので、「源平」感はもう少し先ですが、小さな花がたくさんで可愛らしいです。 ラナンキュラスゴールドコインも咲き始めたものが出てきました。ラナンキュラスには立派な大きな花もあり…

何藤か・・・(今更)

今年も昨年より花数が増えて、よく咲いてくれている実生藤の鉢植えです。 花数は3年でどんどん増えてきているとはいえ、こうして見るともっと増えないとちょっと物足りない感じがあります。(なにも考えずに育ててきたので枝や幹も気になりますが) 背景も…