花育て

育ててる花などの記録。

ヘメロカリス エドシボリ カワラナデシコの開花。

ヘメロカリス

ヘメロカリスのピンクベージュといった感じの色の花が咲きました。赤系もありますが、こちらの方が早く咲き始めて、花が大きいです。

立派な花ですが一日花です。蕾がたくさん見えるように、代わる代わる咲いていきます。

 

エドシボリ

ヤマハギの園芸品種とされる「江戸絞り」です。ハギとしては開花が早く6月にはいつも咲き始めます。強いので特に世話入らずで、冬場は枯れますが幹は残り、春になるとまたそこから枝が伸びます。

 

カワラナデシコ園芸種

ハギからカワラナデシコっていうと秋な感じですが、園芸品種のカワラナデシコです。野生のものより一か月くらい花期の始まりが早いです。ただ、ことしはちょっと遅めかも。

種を蒔いて10年くらい経ちますが、こぼれ種か宿根かで残り毎年花を咲かせます。

 

カワラナデシコ園芸種 白花

白花もよく咲きます。

 

昨年の6月上旬の様子

(2016年6月上旬)

やっぱり探したら昨年の6月上旬にはこんなに咲いてました。

 

 

広告を非表示にする

ハナショウブ 開花

花の写真

ハナショウブが咲きました。

基部に黄色の斑紋(密標)がある大きな花弁状のものが外花被で、外花被片の間に立ち上がっている濃い紫色のものが内花被片になるのですが、外花被と同じ配置にある花弁状のものは分岐した雌しべ。花柱枝や芯と呼ばれたりするようです。

 

花の様子

花柱枝の先の花弁状のずい片の基部付近に横に伸びて見えるものが柱頭。

なんとも不思議というか独特な構造してます。

 

種子の様子

そういえば移植残しの方の株に昨年の種子が残っていたのですが、どうしたか覚えてない(苦笑)

その辺に撒いたのか、鉢に入れてみたのか・・・最近、頭がまわってないです(最近かどうかは)

広告を非表示にする