花育て

育ててる花などの記録。

いくつかの花のその後と、斑入りヤブラン。

アサガオ

この間書いたように最近は青い花ばかり咲いています。青い花の株が咲き出したと思っていたのですが、本当にそうなんだろうか?最初のピンクというか淡い紅紫色の花はどうなってしまったのだろう?途中で色が変わったのではないかという気がしてくるほど青い花ばかり咲いています。

 

イヌサフラン

わんさか咲いてボリュームが出ました。この間はちょっと鉢のスペースが寂しい感じだったけど、これならいい感じ。

でもまだ白い方は出てこないようです。

 

オキザリス ボーウィー。

少しずつ花数が増えてきました。これから11月くらいまでは外置きでどんどん花を咲かしてくれると思います。というか、もうすぐ10月なので、いろいろ室内に取り込む時期が近づいてます。面倒だ(苦笑)

 

シュウメイギク

ちょっと前の咲き始めより、名前の通り秋らしくなった今頃の方が似合う感じがします。

 

って咲き始めたときに一度載せたつもりでいましたが、載せてなかったようです(苦笑)

ということで、これは8月中旬の咲き始めのシュウメイギク

ちょっと暑そうですが、可愛らしいです。

 

タマスダレ

花茎が伸びないと先日載せましたが、その後は伸びた花もあれば伸びない花もある感じで、それはそれで高低差が出ていい感じでもあります。健康な状態の話ではないのでいい感じというのはおかしいですが。丈夫なのできっとこのままでも大丈夫だろうと思います。

 

ミヤギノハギ

これは「その後」でなく、別の所には載せましたがここに載せるのは初めて。

すでに花時としてはピークが過ぎています。奥の方にわんさかと花が見えますが、ほとんど終わりかけです。

花自体はとても美しいハギの一つです。

 

斑入りヤブラン

一度、5月の頃のほぼ芽出し状態のときに赤斑病がどうのと載せたようです。

心なしか今年は例年に比べ、花茎が出た数が少ない気がします。

結局、タマスダレなどもそうですが、赤斑病的なものが出ているものはいろいろあるのですが、アマリリス以外は大きな問題にならなかったかなとは思います。あ、ヘメロカリスがいまいちでした。

多くは雨が直接当たるのが苦手なもので発生しているのかなと思うのですが、どうなんだろう。たとえば降雨量が少ない地域の植物だとか、林や森の中で育つ植物だとか。

 

朝の咲き始めの様子。花被片が開き始めたところ。

 

日中の咲いている様子。

斑入りの葉の明るさもいいし、花も小さいながら可愛らしい花です。

 

広告を非表示にする

イヌマキとハナミズキの果実。

イヌマキの果実を見た記憶がなくて、今年はあまり手入れし過ぎないようにして、ちゃんと見てやろうと思ってました。

面白い形をしています。青い部分が種子で赤い部分が果床で、果床は食べられるようです。(食べてませんが(笑))

 

こちらは果床が裂けていますが、色的には先ほどのものよりよく熟した状態かと思います。

 

果実はそんなわけで見ることができましたが、花もまだ見ていません。

雌雄異株だとは思わずにいたので、とりあえず細長い雄花(花粉錐)が出てくれば、気づくと思いこんでいたので、毎年「咲かないな~」と思っていました。

雌花(種子錐)は果実の様子を細く小さくしたような感じで、よく考えるとそれなら見てたと思いますが、てっきりいつの間にかできた若い果実だと思っていました(笑)

なので、来シーズンは雌花としてちゃんと見てみたいと思います。裸子植物なので雌花といっても花らしくはないですが。

 

ハナミズキは紅葉も始まってきていますが、現在はその葉より真っ赤な果実がたくさんついていて綺麗です。

 

何年か前まではちょっと花を付けて、ちょっとだけ果実が出来てだったけど、ずいぶんたくさんつけるようになったな~と思います。

 

広告を非表示にする